1/14村上市・楽屋

縁あってクマガイマコトさんにお誘いをいただき、初めての会場、楽屋さんへ行って参りました。

 

結論から言うと、凄く良い箱でした。

 

音楽が空気に染みついている。

マスターが素敵。

気になる本が有りすぎる。

お客様も素敵。

 

会場入りした時、流れていたのは青木マリさんの弾き語り。初めて聞いたけど、

「凄く良いですね」とマスターとお話しすると、

 

「これ、二枚あるからあげるよ、」と青木マリさんのバンドver.のCDをくださった。

なんということ。

 

それから、リハーサル、会場前まで、

居心地よく過ごさせていただいた。

 

小国町のグラスマンさんとご一緒でした。相乗りで行ったので、道中も楽しく過ごさせていただきました。

 

そして始まったライブ。

 

 

この日のクマガイさんは絶品だった。

 

 

私の持論なのですが、

アーティストやミュージシャンは、やっぱり、感受性が強い人が多いと思う。

 

だから、ご機嫌で過ごせると、良い演奏ができるし、その逆も然り。

 

いかに、全ての瞬間をご機嫌で過ごすか、が、かなり大切だと思う。

 

 

新潟県村上市にある「楽屋」は、大層、ゴキゲンな場所でした。

https://gakuya2000.amebaownd.com/pages/1822773/page_201707031318

 

 

画像は打上の時に読んでいた本。遠藤ミチロウさん著。