新潟ツアー、月刊あべあいこを終えて

今朝の事。

目が覚めて一番最初に『あ。わたしもう既に、沢山愛情をいただいてるんだなぁ、安心して大丈夫なんだなぁ』って感じました。

 

とても、幸せな気分でした。

 

 

昨夜の月刊あべあいこ、さいしゅうごう に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

そして、先週末、新潟ツアーでお世話になった皆様、お会いできた皆様、本当にありがとうございました。

 

いつも、溢れる愛を享受させていただいております。

ありがとうございます。

 

 

ツアーは初日、妙高市赤倉温泉の麻顔という焼き鳥屋さん。初めての街、初めてのお店でした。

妙高はウィンタースポーツのリゾート地。だから、麻顔のママちぃちゃん家族も、シーズン中の半年は妙高でお店をしながら暮らして、あとの半分は、千葉の海岸でサーフィンをして暮らすそうです。そういう生き方をしている人が、スタッフさんもお客さんもほとんどだそうでした。最高だね~

 

ちぃちゃんが音楽が好きで、今年から?投げ銭ライブを受け入れてくれるようになったそうで、この日のために限定メニューを作ってくれたり、お客さんに声をかけてくださっていて本当にありがたかったです。

 

翌朝は温泉もいただき。最高でした。

 

二日目は三条市ベロニカ。いつもお世話になっているお店です。マスターやっさんと、いっつも楽しいDJさんたち。音楽愛の強い方々に囲まれて、セッションも楽しかったです!いつもありがとうございます。『また三条においでよ』って言ってもらえるの、本当に嬉しいです。

 

実は二日目の日中、体調が急変して声が出なくなりました。体中が痛くて、思うように動けなくなりました。

それでも、だっちゃんが『あいこは声が出てないくらいがいい』って笑い飛ばしてくれて、

柚一郎くんが『リズムだけ頑張って!』ってフォローしてくれて。

 

三条の愉快な夜はいつも、夜遅くまで続くのだけど、2ステージ終わった後は自分の体調優先にして車で休ませてもらったりしながら、様子を見ていました。わがまましてしまって、申し訳ないなぁと思っていたのですが、

柚一郎くんはソロギター掻き鳴らして楽しそうだし、やっさんもDJさんたちも超笑ってるし、そういったところでも救われました。安心して自分の体調を優先できました。身勝手ですみません。ありがとうございます。

 

三日目、長岡市のキャラメルママ。新潟ツアー最終日はいつもキャラママに固定しつつあります。

ゆみさん、今回もお世話になってありがとうございました。

お客様も少しずつ馴染の顔が増えて、あぁ少しずつ、家族が増えるみたいですごく嬉しいです。

イリエさんとのセッションも気持ちよく、最終日、好きなように、歌いました。

 

キャラメルママは、全てを受け入れてくれる場所だなぁっていつも思います。

悲喜交々。くるんと包んでくれる。

 

演奏終わって、いつも蜜蠟クリームを作ってくれるせいちゃんと話してたら、なんだか涙が。

いいにおいのアロマも沢山入れてもらって、体の痛みが少し、和らいだように思います。

 

移動日も含めて4泊お世話になっただっちゃんち。かなちゃん、もっかちゃん、よこちんいつもありがとう。

 

 

米沢に戻り、翌日には月刊あべあいこのさいしゅうごう。

本当に沢山のご来場、ありがとうございました!!!

 

続けてきて、良かったなぁって、思えました。

『平日の夜に音を楽しめる日を』って声をかけてもらって、参加させてもらって。

携わらせていただいて、光栄でした。ありがとうございました!

 

三年間。という月日は、短いようで長かったなって思います。

毎月、色んなゲストに出ていただき、

毎月、試行錯誤しながら運営してきたなぁと思います。

大変なこともありましたが、今回こうして集大成を作ることができたので、やっててよかったって思いました!

 

さいしゅうごうの共演、やってもーたろ!ちゃん。

彼女は中学生の頃からライブハウスに遊びに来ていて、DTFにも出てもらって、

色々と背負わせてしまったのかもしれないけど、象徴的な存在なので、最後は彼女とご一緒して、

これからの米沢を想像したいなぁーと思っていました。

 

準備の段階から楽しかった^^

 

当日は手作りクッキー&ケーキも作ってきてくれて…本当にありがとう!!!大好き!

 

月刊は終わってしまいますが、

これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

とりあえず、一区切り。ほっとして迎えた、今朝の出来事でした。