始まりの朝に

私は

臆病で

卑怯者だった

 

我に還る為の音楽を

 

誰しもが