615

私が知らぬ間に傷つけてきた人たち

沢山の無配慮で、勘違いで、間違いで・・・

想像力の欠落。自己中心的な感性。

 

私の犯した罪は許されることは無いだろう

それでも厚顔に、今、生きているし、

これからも生きて、良い人間になりたい、とまで欲張っている

ただ心やすらかに生きてゆけたらと、思っている

恥も知らず。

 

 

そんな折。

ふいに、相手のタイミングで過去の出来事を、解除される時がある。

許されたのか、水に流したのか、忘れ去られたのか、呆れられたのか

真偽のほどはわからないけれど。

 

心が少し緩み、

 

ありがとう、と思う。