3/7樽木栄一郎さんをお迎えしました。

米沢b:arbにて。
共演は塗貴旭さんと、私あべあいこ。
雪の降る日にも関わらず、沢山のご来場を賜り、ありがとうございました!
最初にわたしが演奏させていただき、音響も良くお客様も熱心にきいてくださり、とても気持ちよく演奏できました。ありがとうございました。
続いて塗貴旭さん。
塗さんはわたしが尊敬する地元アーティストです。
この山形、置賜で、インストゥルメンタルギターを毅然として貫く(そして上手い)。
トークも冴えていて、彼の斜に構えたところが、とてもよく、一切のイヤミなく出ていて、清々しいステージでした。笑わせてもらいました。
そしてゲスト、樽木栄一郎さん。
樽木さんは昨年の7月頭に、私が仕事を辞めて音楽を志したちょうどその頃に初めてお迎えした方で、その時受けた衝撃たるや。
どうしても感動を忘れられず、年末の挨拶と共に『また是非米沢へ!』と申し上げたところ、
軽やかに、即座に、今回の再来米に繋がるお返事をいただきました。大変ありがたかったです。
 
約8ヶ月ぶりの樽木さんの演奏は、相変わらず絶品でした。
なんだろう、この、厚みは。
樽木さんの音楽には厚みがある。立体なのだ。
 
素晴らしかった。とにかく、
また米沢に来てもらえる際には、まだ味わったことのない方は是非味わってほしいです。
もちろん、既に味わった方も。
病みつきになりましょう、私のように、共に。
同じアーティストが何度も訪れてくれる街というのは、とても良いことです。嬉しいことです。
みんなで音楽の土壌を耕していけたらな、といつも思っています。
毎度来てくださっているお客様、そして今回初めてb:arbに入ったというお客様。本当にありがとうございます!
ラジオFM NCVさんや、フリーペーパーあづま〜るさんで取り上げていただいた成果が結びついて、本当に嬉しい出会いの場となりました。
楽しんでいただけたでしょうか。また機会が合いましたら是非お会いできますように。
幸せです。これはきっと、明日の朝も噛み締められるタイプの幸せです。
明日の朝は少しだけ、お布団の中でぬくぬくと、今日のことを思い出して、噛み締めてから、起きます。
ご一緒してくださった皆様、ありがとうございました!
楽しかった!!
追伸。ひさえちゃんから、差し入れもらってしまった^_^嬉しいな。ありがとう!