広島・ふらんす座、モントー7日目最終日

今回の旅の最終目的地、広島ゴトウイズミさんが経営するヲルガン座ビルの3階『ふらんす座』。真白い小さな箱の中に、時間軸が浮かび上がり、アーティストがそれぞれの世界を紡ぐ良い空間。
やっと辿り着いたよー。これで良かった。また来ます。

山口から広島へはバスで移動。出かけ際に購入したぽぷらのお弁当はご飯を後から詰める方式でした。初体験。広島に到着したら、まず原爆ドームを訪れた。たくさんの修学旅行生と、外国人観光客が居た。それでいて、静かな、公園だった。

ヲルガン座ビルに入る前にお腹が空いて、紫苑という喫茶店へ。かなりレトロな雰囲気で、美味しかった。ヲルガン座ビルに着くと、若いスタッフの方が出迎えてくれた。

ヲルガン座ビルは全体にゆっくりとした時間が流れている。

この日は前日に山口でご一緒だった初子とひろしさんが駆けつけてくれて、なんとも心強く、嬉しい夜だった。
共演の、カヅヤマモトさん、秋本音楽事務所社長さん、そしてこの企画を作ってくださったイズミさん、本当にありがとうございました。
たくさんの初めましての皆さんにお会いできて光栄でした。ありがとう。

打ち上げでは美味しいカレーをご馳走になり、そしてそれぞれの活動について語らいあった。どこの地方でも、アーティストは期待を受けて、それに応える事と、自分自身の活動可能限界への葛藤を抱いているのだと思った。仕事も、家庭もあるだろう。そのほかにも色々な事由があるだろう。それでも、やるのだなぁ。そうだ、やるしかないのだ。と思う。元気をもらえました。

その夜はイズミさん宅へお邪魔。ピカピカの新居。イズミさん、この家に来てから初めてリビングで酒を飲んだとのことで、なんだか、嬉しい。
先日離婚されたばかりのイズミさんの人生観や、私のワケありな話を聞いてもらい、とても楽しい時間を過ごしました。本当に、何から何まで、お世話になりました。ありがとうございました。

翌朝はヲルガン座ビル1階の十日市アパートにてランチをいあだき、無事に帰路につきました。

初めてのツアー、私には長かったです。
毎日が出会いと学びと判断の連続で、充実していました。
本当にこの旅に出ようと思ったのはイズミさんとの出会いのおかげ。
そして、その行く先々でお世話になったみなさま。
それから恵美さん、島崎さん、岩瀬さん、本当にありがとうございました。

この経験を、またお返ししていけるよう、精進します。

取り急ぎ、ご挨拶まで。ありがとうございました!