月刊、葉月

連日、イベント満載の山形県内。

一服の清涼剤のごとき、葉月の月刊あべあいことなりました。つまり、いい感じにゆるかったです。

共演してくださった、山形市のダイスケさん、大学院生の青田区くん。ありがとうございました。

お二人とも音楽の趣向は違えど、とても良い歌を歌うし、世界観がそれぞれにしっかりしているので、安心して音に身をゆだねられる素晴らしい歌会になりました。

本当にありがとうございました!

 

あべはと言いますと、とても緊張していました。汗

 

受付でせんべいを配った(最近多いこのパターン。イベントの際、なにかしら食べ物を提供しないといけないような強迫観念。笑)その流れでゆるっと演奏に入ってしまったことから始まり、

左斜め前には、見たことの無い?若い女の子が座っているし(おそらく青田区くんのファンだろう。)、演奏に集中するまでに時間がかかりました。初心忘るべからずですね。良い勉強になりました。

あべの不安定なステージからゆるゆるとスタートした月刊葉月ですが、おかげさまで程よい人数の音楽愛好者にかこまれ、和やかに終了いたしました。ありがとうございました!(^人^)結果、楽しかった~。

 

月刊の山分けスタイルは気に入っている。

来月も、若手と中堅・・・大物の出会いの場となるとよいなぁ、と思います。

 

ところで、話は変わりますが、今朝思ったこと。

何かを決断するということは、二者択一あるいはそれ以上の選択肢の中から、

一つ決め、

他は断つ、

ということだとつくづく感じます。

『決断』は、何をするか選ぶ行為ではなく、何を断つか選ぶ行為ともいえるのかと。

 

一つ決めたら、その他は期待しちゃダメよ~と、いうこと。

 

それから、あべの今後の目指すべき姿も決まりました。

見た目は女、中身は男!

これで行こうと思います。