『ないものねだりのデッドヒート』の末

無いものを数えることはキリが無いし
良い加減 飽きたので

今有るものを数えて、それらを大切にしよう、と思ったのでした。

安部