そうだ、

あの時、

何が何だか、わからなかったんだ。

どうして良いかわからなくて、

でも、じっとしていれなくて、

自分から見える景色の中だけで、

ぐるぐるぐるぐる考えて、

とにかく、一つ、動いてみた。

動き続けて、いくにつれ、

本筋が少しずつ見えなくなってしまっていた。

あの時、

わたしは、わかっていなかったんだ。

その全容を。

自分の役割を。

もう直ぐ、5年。

改めて、

現実を直視して、向き合ってきた人たちの想いに、敬服。

わたしは、逃げていた。

やっと、今、向き合える。

向き合おう。

向き合いたい。

震災から、もう直ぐ、5年。

米沢野外音楽祭をがむしゃらに運営して、5年。

すべての巡り合わせに、感謝。